2012年

12月

21日

内もものエクササイズをしてるけど、たるむ一方なんです

内もものたるみを気にされている方って多いと思います。

 

では、たるみを解消したり引き締めるために何をされていますか?

 

通販で器具を買ってみたり、ボールを膝で内側に押すことを日々やってみたりと方法はさまざまですが、脚を内に閉じるような形で力を入れることをされているかと思います。

 

では、日常の中でいつ内ももを使ってますか?もしくは、いつ内ももに力が入っている感覚がありますか?

 

上記にあげたようなエクササイズのように、脚を内側に閉じるように歩いていますか?

 

カニではありませんので違いますよね。

 

そうなると、日常では力の入れ方が違うということになりますよね。

 

 

内ももはお尻と同じように、脚のラインを保つために働いてくれます。

 

普段、内股で歩いていないですか?

 

もしそうでしたら、恐らく内ももは使われていないです。

 

頑張ってエクササイズをしていても一向に変わってこないのは、実は歩き方に原因があります!

 

歩くときは、脚が真っ直ぐです。

 

真っ直ぐでなければ内ももを使っていなかったりするので、代わりにももの前側や外側などを使ってしまい、太くなってしまったり脚のラインが崩れてきてしまいます。

 

中には内ももが硬くなってしまっている方もいます。

 

そういう方の場合、筋力を発揮することよりも先に、ストレッチなどで伸ばすことが大事になります。

 

では、私は何したらいいの?

 

まずは、身体の状態を知りましょう。

 

カラダデザインサロンDAYMでは、身体の状態をチェックし、状態や目的などあなたに合わせたプログラムを提供いたします。

 

ご興味のある方は、ぜひ一度お越しくださいね。