小尻のためには鍛えるべき筋肉がある

パンツをスッキリ履くため、脚のラインをきれいに見せるためには『お尻』が重要です

 

股関節周辺にはたくさんの筋肉が存在しています

 

その筋肉が弱くなってしまっていたり、バランスが悪くなってしまうことでお尻の形や大きさは変わってきます

 

中でも大事な筋肉をいくつかご紹介します

 


【大殿筋】    

骨盤前傾(反り腰)の方やO脚 、X脚 、内股の方は恐らく弱化している筋肉

大殿筋が弱くなると、お尻が垂れて太ももとの境目がなくなってしまうことに

また、太ももも太くなっていってしまいます

 

【中殿筋】    

骨盤前傾(反り腰)の方や、X脚の方、下半身の左右差の大きい方 、内股の方などは、

弱化している可能性が高いです

中殿筋が弱くなると、腰を振るようにしてして歩いたり、下半身が不安定になったり、

ももの外側がが張って太くなったりします

 

【外旋六筋】    

骨盤前傾(反り腰)の方やO脚の方は、恐らく弱化している筋肉

外旋六筋が弱くなると、骨盤の締まりがなくなって、横に広がった残念なお尻が

出来上がってしまいます

 

こう見ていくと、全てに共通しているのが『姿勢』ですね

 

骨盤の傾きであったり脚の歪みなど

 

美姿勢になることが美脚にも繋がっていくことがお分かり頂けるかと思います

 

しっかりお尻を鍛えて、キュッとしまった小尻を手に入れましょう!